清酒とは?日本酒やにごり酒との違いが意外と間違えやすい件について

日本酒の種類

日本酒の表記に「清酒」と書かれているのを見たことがありますよね?
清いお酒と書いて清酒なのだから、当然澄み渡った透明度の高い日本酒のことを言うのだろう。
と、思っていたら、実はそうでもないようです。

そんなわけないよね?
だって清酒なんだからにごり酒も清酒っておかしいよ。

と、思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は「清酒」にはふたつの意味が含まれていて、両方を混同してしまうと非常にややこしいことになってしまうのです。
そこで、今回は「清酒」について詳しく解説していきます。

清酒に含まれたふたつの意味

清酒はもともとにごり酒と区別するために生まれた言葉でした。
つまり

  • 清酒=透明の日本酒
  • にごり酒=白くにごった日本酒

ということになります。

これなら、清酒という言葉のイメージ通りなのではないでしょうか?
これに加えて別の理由で「日本酒」と「清酒」を区別するものが登場し、話をややこしくしています。
その正体は「酒税法」。

「酒税法」の清酒の定義が話をややこしくした

透明なお酒=清酒までで終わっていれば、何もややこしくありませんでした。
ところが、酒税法の日本酒の種類の中に「清酒」の条件が入ってきたため、話が複雑化します。

●酒税法による清酒の条件

  • 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  • 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの
  • 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

この条件にプラスして、アルコール度数が22度未満のものを「清酒」と定めています。

ちょっと日本酒に詳しい方ならもうお分かりですよね。
そう、世の中に流通している日本酒と呼ばれているものは

ほぼ清酒。
だいたい清酒。
なんなら全部清酒。

実際「こす」という工程が含まれていないどぶろく以外の日本酒はほとんどがあてはまります。
つまり、酒税法上は、にごり酒であろうがなかろうが、すべて清酒ということになります。

なぜほとんどの日本酒が清酒になってしまったのか

にごり酒も含め、ほとんどの日本酒が清酒に分類されてしまったのでは、種類を分ける意味がありませんよね?
日本酒の中に清酒とにごり酒があるなら分かるけれど、清酒(にごり酒含む)とどぶろくに分けられてしまうともはやどぶろくが仲間外れにされてしまった感すらあります。

酒税法はなぜ、こんな分類になってしまったのでしょうか。
その理由は「清酒以外に合成清酒やどぶろく、その他醸造酒も日本酒に含まれる」という条件付けにありました。

その他醸造酒に含まれる飲まないお酒

その他醸造酒の中で最も身近なものといえばおそらく「みりん」や「料理酒」ではないでしょうか。
みりんや料理酒は酒税法における「清酒」には分類されません。
しかし、15%程度のアルコールを含んでいるためその他醸造酒に分類されます。
当然、未成年は購入できません。

つまり、みりんや料理酒は酒税法によると「日本酒に含まれるけれど清酒には含まれない」ということ。
ほとんどの日本酒が清酒に分類されているのは「飲む目的の日本酒を清酒とし、それ以外のものは合成清酒やその他醸造酒に分類される」というのが理由。

にごり酒にも清酒って書いてある場合はあるの?

酒造メーカーの中にはラベルに「清酒」と表記していることがあります。
逆に、書かれていない場合もあるので、必ずしも明記しなければならないわけではないようです。

であれば、法律上、ほとんど清酒なんだからわざわざそんなことを書く必要はないのでは?

  • 清酒=透明の日本酒
  • にごり酒=白くにごった日本酒

という、もともとの分類がなくなったわけではないでしょ?
と思いますよね。

特に、
中身が透明かどうかわからない瓶に入っている。
箱の中に入っているため、透明の日本酒なのか、にごり酒なのかがわからない。

など、見た目では判断しにくい場合に「清酒」と表記されていれば、当然「透明な日本酒が入っているのだ」と考えるかもしれません。
ところが、どうやらにごり酒なのに箱に清酒と書いてある日本酒もあるようです。

にごり酒はにごり酒という表記がある

箱に「清酒」「にごり酒」と書いてあると、なんだか「清酒」「透明とは言っていない」みたいな感じに見えてきますが、清酒という表記は必要なくても、にごり酒の場合、にごり酒という表記は必ずあります
箱に入っているなどの理由で中身が確認できない場合は、にごり酒という表記があるかないかで判断すると良いでしょう。

飲むための日本酒はほとんどが清酒

いかがでしたか?
もともとの使い分けが法律の関係で変わってしまったため、かなりややこしいことになっているということが分かったのではないでしょうか。
世の中に流通している、いわゆる「飲むための日本酒」はほぼすべて清酒と思っておいて間違いありません。

にごり酒が苦手という方は特に「清酒」という表記だけではにごり酒かどうかの判断はつかないので注意が必要です。
清酒と書いてあったから購入したのに、箱から出したらものすごく濁ってるんですけど!
といったことにならないためにも、表記の意味を理解しておく必要がありそうです。

ほとんどの場合は瓶で売られていて中身も確認できるので問題ないでしょうが、通販など、手にとって中身を確認することが難しい場合は表記の意味を理解した上で購入するようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました