日本酒に使われる醸造アルコールって何?体に悪くないの?

日本酒の種類

「純米」と名のつく日本酒には含まれていない「醸造アルコール」。
いったい何者?
と、思ったことはありませんか?

純米酒を水増しすると薄くなるので、どこぞの安いアルコールでかさ増ししてごまかしているのでは?
と思ってしまいますよね?

名前からして怪しい。
なんだかイメージが悪い。
やっぱり純米以外は飲みたくない。

という考えの方もいらっしゃるかもしれません。
でも、実は醸造アルコール、そんなに悪いヤツではないんです。
そこで、今回は「醸造アルコール」の濡れ衣を晴らすためにも、その正体に迫っていきます。

醸造アルコールは焼酎です

早く答えを言えよ!
というせっかちさんのために最初に答えを言いますと、醸造アルコールの正体は焼酎と同じ成分のお酒
植物性由来の食用アルコールのことです。
梅酒の原料にもなっているアレです。

梅酒や焼酎を飲んでいる方であれば、そのお酒が悪いものではないということはもちろん理解できますよね。
単純に、米から生成される日本酒のアルコールに比べて単価が安いというだけで、体に悪いわけでも、悪酔いするという訳でもないんです。
ただし、かさ増しというのだけはあながち間違いではないかもしれません。

醸造アルコールの日本酒が増えたのは戦争がきっかけ?

もともと日本酒に焼酎を添加したお酒は江戸時代初期には誕生していたようです。
しかし、それは柱焼酎」と呼ばれ、日本酒とは別のものでした。

醸造アルコールをまぜたきっかけは太平洋戦争前後。
戦時はもちろん、戦後にかけても日本全体が食糧不足に陥っていました。
食べることさえ大変だった時代です。
贅沢品であるお酒にたくさんのお米を使うことが難しかった。

でも、それはそれ、これはこれ。
日本酒は飲みたいに決まっている。だって日本人だもの。
ということで、醸造アルコールを混ぜてかさ増ししたことがきっかけのようです。

醸造アルコールを混ぜるとどうなるの?

醸造アルコールが焼酎のようなものだということは分かった。
でも、混ぜるとどうなるの?
という疑問は残りますよね。

これには一般的に4つの効果があると言われています。

  • 純米酒に比べて後口のキレがよくなる
  • 日本酒の香りが高くなる
  • お酒が傷みにくくなる
  • 価格が安くなる

純米酒に比べて後口のキレがよくなる

日本酒のキレとは、飲んだ後に口に残る、いわゆる後味のこと
つまり、キレが良いというのはお酒を飲んだ後にその味が早く消えていくこと」を表現する言葉です。

逆にずっと口の中に残るものは「余韻を楽しむ」とも言われていて、キレが良ければおいしいということでもありません。
とは言え、キレが良い日本酒には飲みやすいものが多いのも事実。
癖の強い日本酒はちょっと・・・という方にとっては純米酒よりも馴染みやすいかもしれません。

日本酒の香りが高くなる

酵母の香りは水よりもアルコールに溶けやすいという性質を持っています。
だから、醸造アルコールを添加することで酵母の香りが日本酒に移りやすくなります

吟醸酒や大吟醸酒特有のフルーツのような香りが、醸造アルコールを添加することでより強く引き出され、香りを楽しめる日本酒になります。
最近では「ワイングラスで日本酒を飲む」というくらい香りも日本酒を楽しむ要素のひとつになっています。

お酒が傷みにくくなる

日本酒はアルコールなので、ずっと置いておいても腐ることはまずありません。
しかし、味が変化したり、開封後だと雑菌などが繁殖したりすることはあります。
味が変わりやすく保存に気を遣う飲物としてワインがよく挙げられますが、これと同じように日本酒を保存する「日本酒セラー」があるのも、保存条件をよくするため。

日本酒に焼酎を混ぜる「柱焼酎」が考えられたのも、日本酒のこうした劣化を防ぐことが理由と言われています。
つまり、日本酒に醸造アルコールを混ぜることでより長くおいしい日本酒を楽しむことが可能になるのです。

価格が安くなる

醸造アルコールは価格が安く、効率的にかさ増しができるので、日本酒の価格を下げることができます。
安かろう悪かろうでは意味がありませんが、キレが良く飲みやすい味わいになる。香り高く風味が豊かになる。より長期間保存することができると、三拍子そろって安くなるのであれば言うことはありませんよね。

醸造アルコールは何故悪者になった?

もともと醸造アルコールを混ぜた日本酒が出始めた頃は「三倍醸造」と言われる製法が取り入れられていました。
これは、米からできたアルコールの2倍程度もの醸造アルコールを添加し、さらにあれこれ加えて水増しされた、日本酒とは別のナニカを「日本酒」という名前で販売していたためについたイメージだと言われています。
適量を入れればおいしくなるのに、何事もやり過ぎは良くないということですね。

もちろん、現在は法律によって規制されているためこのような劣悪なものは「日本酒」を名乗ることができません
そして、醸造アルコールが原因で悪酔いすることもまずないと言えるでしょう。

醸造アルコールは悪くない

ということで、醸造アルコールが悪いというのはただの冤罪だったということが分かったのではないでしょうか?
過去には醸造アルコールは日本酒の劣化を防ぐものだったりコストを下げるものだったりというのが目的だったかもしれません。
しかし、現在は日本酒の個性を出す手段のひとつとして用いられています。

飲みやすくておいしい日本酒を探しているという方は、ぜひ醸造アルコールが入ったものを飲んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました